全国対応「EPARK」車検見積り・予約申込み
Home >> 車検 必要なもの >> 車検 納税証明書 紛失
Page: 1/1   

車検 納税証明書 紛失

車検の際には「納税証明書」が必要です。

厳密に言うと、車検を受ける店舗によって「必要」「不要」の違いがあります。

 

車検を受ける店舗に、一度確認してみてください。

 

車検店舗が国のオンラインシステムを導入していれば、「納税状態」を確認できる場合がありますが、地域によってはオンライン化されていないところもあるので、まずは車検を受ける店舗へ問い合わせしてみることです。

 

 

納税証明書の支払方法について確認しましょう。

 

^き落としで「納税証明書」の支払いをしている

「納税証明書」を紛失した際は再発行してもらいましょう。

 

∨菁春(4〜5月頃)に届く通知で支払いしている

「納税証明書」が見当たらない場合、再発行手続きが必要ですが「普通車」と「軽自動車」で手続きが異なります。

 

 

 

「納税証明書」の再発行手続き方法

  • 普通車の「納税証明書」再発行

 

管轄の県税事務所に問い合わせてみましょう。

再発行には県税事務所に出向かなければなりません。

この時に必要なものについて、教えてくれますので事前に問い合わせしてみましょう。

 

全国の県税事務所の一覧が表示されています。

※「ユーカーパック」公式サイトです

   ↓

全国の自動車税事務所 - ユーカーパック公式

 

 

  • 軽自動車の「納税証明書」再発行

 

普通車と違い軽自動車は「市町村役場」です。

管轄の市町村役場に事前に問い合わせして、再発行手続きを行いましょう。

一般的には以下、再発行時に必要です(市町村によって異なる場合があるので事前確認がベスト)

  1. 印鑑(認印)
  2. 車検証
  3. 窓口に行く人の身分証明書(免許証/保険証など)

 

自動車納税を滞納している場合、車検を受けることができません。

 

「車検は受けないと車に乗れないけど、自動車税を支払う余裕がない」

こんな方もいらっしゃいます。

 

車検店舗によっては、自動車税も含めて車検費用に合計してクレジットカードやローンで対応してくれるところもあります。

実際に対応してくれるところは少ないですが、どうしてもという方は問い合わせしてみてください。

 

 

syaken1127 | - | - | pookmark | category:車検 必要なもの
Home >> 車検 必要なもの >> 車検 必要なもの

車検 必要なもの

車検を受ける際に必要なもの

 

  • 車検証
  • 納税証明書
  • 自賠責保険証

 

 

上記3点の書類が車検を受けるときに必要なものです。

 

 

  • 車検証

車検証には「車検満了日」が記載されています。

 

この満了日を過ぎると車検が切れている状態となり、公道を走行すると道路交通法違反となります。

 

車検が切れている車を運転することは、重大な罪になるので車検は必ず受けましょう。

 

 

  • 納税証明書

毎年4〜5月に自宅に届く、国に納める自動車税を支払っていることを証明する書類です。

 

自動車納税に滞納があると、車検を受けることができません。車検を受けるまでに納税を済ませましょう。

 

 

  • 自賠責保険証

強制加入が必要な保険が「自賠責保険」です。

 

車検更新時に自賠責保険も更新されます

 

 

 

車検に必要な書類と同時に、車検の時に必ず支払わなければならないものがあります。

 

  • 自賠責保険料
  • 重量税
  • 印紙代

 

上記3つの金額を合計したものを「車検法定費用」と言います。

 

車検法定費用は非課税です。国に納める税金ですので、車検時に必ず支払わなければならないものです。

 

 

印紙代は指定工場で車検を受けた場合には「1,100円」ですが、認証工場で車検を受けた場合

 

100〜700円上乗せされます(車種によって異なります)

 

syaken1127 | - | - | pookmark | category:車検 必要なもの

カテゴリ

最近の記事

リンク集

楽天市場

過去ログ

Feed